入院診療の案内

【 面会時間 】

 14:00 ~ 20:00
※個人情報保護の為、原則お電話での入院問い合わせは行っておりません。入退院の確認については
 出来る限りご家族へお問い合わせください。

【 入院予約 】

・外来にて診察の上、日時等を主治医とご相談ください。
・入院予約日の確認は各科外来にてお願いします。
・当院以外でお薬の定期処方がある場合は、入院前にお薬をもらっておいてください。
nyuin_info01.jpg

【 入院の手続き 】

(1)入院当日、指定された時間に1階受付にて診察券・保険証を提出してください。
限度額認定証・区分証をお持ちの方は、受付の際にお申し出ください。
限度額認定証・区分証については ▶ 限度額認定証・区分証について をご覧ください。
 
※公費医療受給者証(特定疾患受給者証・原爆手帳・医療扶助/生活保護券・更生医療等)をお持ちの方は受付の際にお申し出ください。

(2)外来にて下記書類をご記入ください。
・入院申し込み書(兼 入院時保証人)
・「個人情報保護」についての確認書
・ご家族連絡先

 ※入院申し込み書には印鑑が必要となりますのでご持参ください。
 ※当院外来や他院で処方されているお薬は、外来看護師へ預けてください。

(3)主治医・看護師の指示の元、必要な検査を受けた後に病棟へ入院となります。
   病棟・病室は患者さまの病状や空き病床の状況によって決定いたします。

【 入院時に必要なもの 】

●診察券 ●保険証 ●印鑑 
●お持ちの方は、「限度額認定証・区分証」、「公費医療受給者証」

【 入院時の携行品 】

●おはし ●スプーン ●コップ ●肌着 ●洗面用具 ●タオル ●バスタオル 
●石けん ●シャンプー ●下履き(滑らないもの) ●ちり紙
●必要な方はヒゲソリ・オムツ(使用の方は不足しないようにお願いします)
※日用品は、院内売店でもお求めになれます。
※清潔整頓を保つため、病室への持ち込みは必要最小限のものに留めてください。
※貴重品や現金の紛失について当院は責任を持てませんので、病室には持ち込まないでください。

【 寝具と病衣、その他 保険適用外負担分 】

・入院に必要な寝具類は病院で準備します。
・病衣は貸与となっており、別途料金をいただきます。(70円/日額)
 ご自分で準備されても構いませんが、私物の洗濯物については持ち帰って洗濯をお願いします。
・テレビ・冷蔵庫は病棟にてご契約いただいた場合に使用可能です。料金は下記となります。
 テレビ:100円 、 冷蔵庫:150円 (テレビ・冷蔵庫ともに日額となります。)
 詳しい内容は病棟にて説明を行います。

【 入院中の過ごし方 】

 入院中は何かと不便なことが多いと思います。医師や看護師にお気軽にご相談ください。
下記事項についてご協力をお願いいたします。
・検査・治療が円滑に行われるよう主治医、看護師と協力してください。
・検査・治療の計画書をお読みください。分かりにくい点は、ご遠慮なくお尋ねください。
・外出・外泊は、主治医の許可が必要です。ご希望の場合は必ずご相談ください。
・充分な睡眠の為、消灯時間は午後9時に定めております。
・他の患者さまのご迷惑となりますので、病室での携帯電話のご使用はご遠慮いただくとともに
 テレビをご使用の際は必ずイヤホンをご使用ください。(売店にて販売しております)
※入院中の治療は原則として全て入院先の病院で行います。当院に入院している間は、他の病院で行われていたお薬の処方やその他治療も全て当院で行います。患者さまご本人やご家族の判断で他の病院を受診した場合、その分の治療が保険適用とならず、全額自己負担となる恐れがございますのでお気をつけください。ただし、他院で行われていた処方や治療が当院で行えない場合は、他院への受診を行うこともあります。

【 お食事 】

●朝食:8時  ●昼食:12時  ●夕食:18時

【 入院費のお支払い 】

・ご提示された保険証・医療受給者証にて計算します。入院中に保険証・医療受給者証などの変更や更新がありましたら、遅滞なくご提出ください。ご提示されない場合は保険適用が出来なくなる恐れがございますので、ご了承ください。
・毎月の入院費については、翌月の10日頃に病室までお届けします。1階会計窓口にてお支払いください。
・退院時の請求書は病室ではなく、看護師詰所(ナースステーション)にてご準備いたします。
nyuin_info02.jpg

【 退院の手続き 】

・病棟看護師長の指示に従ってください。
・診断書の必要な方は、主治医または病棟看護師長へ早めにお申し出ください。

【 厳守事項 】

・入院中の飲酒・喫煙は固く禁じます。
・他に迷惑を及ぼす場合は退院して頂くことがあります。

★ 医療相談室(地域連携室)へのご利用案内 ★

 当院には、患者さまやご家族がかかえる経済的、心理的、社会的問題の解決、調整を図り、社会復帰を援助する医療ソーシャルワーカーがおります。各支援制度に該当するのではと思われる方、各サービスを利用したい方、お支払いについてのご相談は、お気軽に医療ソーシャルワーカーかスタッフまでご連絡ください。

★ 限度額認定証・区分証について ★

「限度額認定証・区分証(以下 減額証)」とは、窓口で支払う一部負担金を患者さまの所得に応じて限額することが出来る制度です。ご希望の方は、下記担当窓口にて受給者証の発行手続きを行い、病院1階受付窓口へご提示ください。お持ちの保険証によって申請窓口が違いますのでお気を付けください。

● 申請担当窓口 ●

・国民健康保険、後期高齢者保健  →  各市町村役場
・全国健康保険協会        →  協会けんぽ沖縄支部
・健康保険組合          →  各職場(福利厚生担当)
・共済組合            →  各職場(総務課・人事課)

● 申請時に必要なもの ●

・保険証  ・患者さまの印鑑(認印可)  ・手続きに行かれる方の身分証明書
※ 注 意 ※ ・減額証は、申請月からの適用となります。
・病院へのご提示がなければ、適用とはなりません。
・当院は沖縄医療生活協同組合に属している医療機関です。ご利用の際は組合への加入をお願いしております。
詳しくは ▶ 医療生協とは をご覧ください。