炭酸ガスレーザー導入しました

2017/08/16 掲載

shuttlebus2017.jpg
中部協同病院では、炭酸ガスレーザーを導入しました。
これにより、イボのような体の表面にできる盛り上がった皮膚病変を、より綺麗に治療することが可能になります。
顔や首、腕など太陽が当たる部分に、表面がザラザラしたイボ(脂漏性角化症)や、手足の指にできるウィルス性イボを保険治療で治療できます。
治療に際し局所麻酔の注射が必要なこと、治療後に赤みがしばらく続くこと、紫外線対策を徹底していただく必要がありますので、治療前に詳しく説明させて頂きます。
治療ご希望の方は、皮膚科までお越しください。

(皮膚科 山城 栄津子)